相続した物件を不動産鑑定【トラブル知らずの手続き】

3年以内に贈与

男性

遺産というのは死んでから子供や妻、あるいは親戚に遺すものです。普通にあげたものと違う点は、相続税がかかるかどうかという事です。では、死ぬ前に上げた場合、相続税がかからないのかというと、実はそうではありません。本人が死亡する3年以内に贈与された財産については、相続税がかかります。そのため、自分が貰ったものが3年以内であるかどうかを知るためにも、しっかりと貰った日付をチェックしておきましょう。相続税というのは、物凄くかかるというイメージが先行しているため、土地や不動産を継ぎたくないと思っている人がいるかもしれません。ですが、一般家庭であればほとんど相続税がかかることはありません。もしも相続者がかなりの資産家であるといった場合は、大きな相続税がかかる可能性がありますが、普通の家庭であれば、相続税のせいで家庭が崩壊する…といったことはないので、不動産関係の相続についてもどんどんしていって構わないと思います。最近では、不動産投資を始めるケースも珍しくないようです。税金がかかる分、他の方法で生活を楽にすると良いのではないでしょうか。3年以内に贈与された財産が対象になるので、この年数を明確にする必要があるでしょう。