相続した物件を不動産鑑定【トラブル知らずの手続き】

額について知る

女性

相続税の基礎控除額というのは、皆さんが思っているよりも遥かに高額になります。計算式として、5000万円+(1000万円×法定相続人の数)となります。つまり、子供1人が相続する場合、およそ6000万円程度が控除される計算となるのです。なので、その6000万円以内の相続であれば、相続税は一切かからないという法律になっています。更に、生命保険等の相続税に関しても、500万円×相続人の数といった計算式が存在するので、こちらの相続に関してもほぼ安心して大丈夫でしょう。また、この相続税の基礎控除額というのは、あらゆる理由で上がっていきます。例えば、相続したのは良いが、またすぐに相続が発生しそうな状況であった場合は、1億6000万までの基礎控除額が認められるので、孫の代への相続もかなり楽なものとなっています。また、障がい者であったり、10年以内に二度の相続にあったりした場合等も、控除額が大きくなる理由にもなるので、まず自分の立場を相談し、自分の控除額を知ることが大事となってきます。このように、相続税の基礎控除額は結構な金額だという事が理解できるでしょう。計算式が用意されているので、各家庭で答えを出してみると良いです。まずは、相続人の数を確認してみましょう。