相続した物件を不動産鑑定【トラブル知らずの手続き】

一つの土地

ウーマン

例えば、2人兄弟であり、親が残してくれた財産が土地1つしかなかった場合はどのような分配のやり方があるのでしょうか?方法はいくつか存在するため、これらの方法を紹介していきたいと思います。まず1つは、土地を売却してそのお金を分ける方法です。おそらくこれが最も一般的なやり方になるでしょう。この分け方であれば、土地に余程の執着が無い限りは揉めることはないので、ある意味ではこれが一番オススメできる方法です。二つ目は、土地を二等分する方法です。この二等分というのは、面積のみでなく、道路に近い、日当たりの良さ等が考慮されるので、本当の意味で二等分にすることができます。また、新しく建物を建てて、二世帯住宅にするという方法もあります。最後に紹介するのは、どちらかが土地を購入するという方法です。これは最初に言った分配とは違い、土地の価値の半分のお金を出し、兄か弟が買い取るという方法です。この方法は、買う方と買わない方の両者が納得した場合のみ成立します。どのような形で相続するか、不動産というのは遺産の中で最も揉めやすいものなので、しっかりと話し合い決めていくのが良いと思います。相続問題に発展しないように配慮しましょう。

勝手に決めない

弁護士

故人が多くの不動産を持っていた場合、遺された子供に託される事になるでしょう。複数の相続人がいると、遺産についてのトラブルが起こる可能性があるので、注意が必要となります。

3年以内に贈与

男性

様々な遺産がありますが、故人から土地や不動産を相続される事もあるでしょう。贈与された財産が3年以内であれば、相続税がかかります。不動産投資を始める人も多いです。

額について知る

女性

相続税の基礎控除額というものが存在します。相続税が一切かからないのは、6000万円以内であった場合のみです。相続税の基礎控除額は上がりやすいので、常に気を配っていると安心でしょう。